営業事務
みんなの仕事を楽にすることで「笑顔・やる気・やりがい」を増やしたい。
みんなの仕事を楽にすることで
「笑顔・やる気・やりがい」を増やしたい。

間を取り持つ仕事だからこそ、できることがある。

営業事務の仕事とは、営業のための資料を準備したり、受注後、製作工程にスムーズに進ませるための業務。
だから、「すぐにやる」ことを意識している。
受注のための資料は、見積書はもちろんだが、図面にお客様の仕様に合わせた塗料の番号を入れたり、という仕事もある。
受注後には、お客様からの注文書や仕様書を元に伝票システムに入力し、売上集計まで行う。
その後の製造・出荷の工程はすべて入力した伝票を元に行うため、言わば工程の最上流。なくてはならないものだと実感できる。

電話応対も大切な仕事の一つ。
私が担当している営業さんがアフターサービスの専任なので、故障等でお急ぎのお客様から「早くして欲しい」とのお電話が入ることもある。
製品により「基本リードタイム(納期)」が決まっているのだが、お客様も故障等でお困りなので、お急ぎの場合が多い。
できる限りご要望に沿えるよう、社内に保有している材料を購買部に確認し、あった場合はその分納期を早めたり、
製造部に工程の調整を掛け合って、納期を縮めることができた時にはとても感謝される。
そんな時が「頑張った甲斐があるなぁ」と感じる瞬間。

「とりあえず、やってみる」という姿勢が、自己成長に。

私の業務の中で、もともとは本社(東京)で別の担当者が行っていたものがある。
入社3年目の頃、本社から事務機能を富士御殿場工場に移すことになり、私がその仕事を一気に引き継いだ。
その時はあわただしく、十分に教えてもらう時間がなく、また不慣れだったこともあり、うまく仕事が進まなかった。
御殿場工場には他に分かる人もおらず大変だったが、この仕事はNIIKURAの仕事の最上流だから
その後の工程の人たちに迷惑をかけないよう、とにかく必死だった。

NIIKURAはこのように、若手にも仕事をどんどん任せてくれる社風で、そこが良い点だと思う。
「とりあえず、やってみよう」と思っている。

焼肉が鼓舞したモチベーション。学んだものは大きかった。

斉藤さん

最近では、社内システムを新システムへ移行するのためのマスタの整備やデータ入力を担当した。
当初は半年程で移行の予定だったのが、3ヶ月程に縮められ、
タイトなスケジュールの中、人事担当の勝浦さんも助けてくれて、移行を無事完了できた。
「終わったら焼肉行こう!」その言葉を心の糧にして。
あのときの焼肉の味は忘れられない。

この経験を通し、「いかに楽に効率よく正確にやるか」を考えるようになった。
例えば、それまではPDFの資料を一件一件メールで送っていたものを、
サーバーにアップロードしてそちらを参照してもらうようにした。
手間のかかっていた仕事を楽にすることで、仕事の質が上がって
【笑顔・やる気・やりがい】を社員全員が今まで以上に持てるような会社にしていきたい。

斉藤さん
一期一会
斉藤

プロフィール:
普通科卒
静岡県出身
趣味・休日の過ごし方:飼い猫(アメリカンショートヘアー)と戯れる。洋画(特にアクション系)鑑賞

新倉工業株式会社
本社:〒264-0047 静岡県御殿場市神場2314-6