設計担当 製品管理部技術グループ
NIIKURAを、誰もが憧れる会社にしたい。気持ちは熱く、仕事は冷静に。
NIIKURAを、誰もが憧れる会社にしたい。
気持ちは熱く、仕事は冷静に。

自分のした行動でしか、結果は変えられない。それが古川流「なるようになる」ということ。

NIIKURA製品の品質の高さを決める最後の砦、「製品検査」。検査によって品質を証明するのが私の仕事だ。
検査グループのメンバーによる検査に私も立ち会い、まずは社内検査を行う。
外観、寸法、作動や加圧による漏れといった項目を点検。
船舶製品の中には、安全な航海のため、専門検査機関による検査証明が必要となるものがある。
船舶設備の品質基準を証明する機関(船級)の検査員立会いのもと、検査を行い、合格となって初めて製品が世に送り出される。
合格証書は実際に船を使用するユーザーに送られ、世界での航行が可能となる。

また、陸上プラント製品はユーザーの立会検査が法律で決められている事もあり
ユーザーの方々が来社されて、NIIKURA製品が正常に稼動するか、立会検査を行い、成績書などの書類を作成する。
部品のメンテナンスにも対応する。
責任感を持って、ひとつひとつの仕事を確実にやる。諸先輩方が築き上げてきた技術、進め方に敬意を込めて。

過酷な状況下で活躍するNIIKURA製品たちの「お医者さん」でもある。

不具合対応も私たちの出番だ。
お客様から営業担当にクレームが入ったら、その製品の不具合を調査し、対応策を考える。
製品を当社に回収して検証したり、客先におもむいて検証することもよくある。
お客様が怒っている場合もあるし、不具合の原因が分からない場合は、原因究明に時間と労力がかかる、難しい仕事だ。

NIIKURA製品は、実際にお客様の船の上で、または陸上プラントで、非常に過酷な状況の中
ユーザーさんたちの手によって使用されているのだから、時間の経過と共に不具合が生じる可能性もある。
不具合の見逃しが大事故につながるような現場。
そんな状況で頼れるのは、世界中で私たちだけなのだ。

やる気とは、すぐ行動に移せること、失敗を恐れず「まずやってみる」という意識。

古川さん

この仕事は、大きな責任のある仕事だと思う。
それを、私のような若手社員にも、やる気があればどんどん任せる。それが当社の社風だ。
当社社員でも、納品後に製品が実際に使用されている現場を見る機会はまずない。
しかし不具合対応では、お客様の船を訪問して実際にNIIKURA製品が使われている現場を見たり
ユーザーの声を直接聞くことができ、社内の仕事だけでは分からないようなことを体験できる。
日本だけでなく世界中で技術者として活躍したい私にとっては、これは大きなやりがいだ。
もしかしたら、もっと社外で見識を広められるようにという社長の采配で、このような役目を任されたのかもしれない。

社長はとても熱い人だ。NIIKURAに入社したのも、社長面接での熱い言葉に心を揺さぶられたからだ。
「自分を必要としてくれている」、そんな働く喜びを感じさせてくれる会社だと思う。
この会社を、誰もが憧れる会社にしたい。
そして、仕事面でも給与や福利面でも、社員みんなが幸せだと感じるような会社にしたい。それが私の目標だ。

古川さん
なるようになる
古川

プロフィール:
工学部 機械システム工学科卒
青森県出身
趣味・休日の過ごし方:ポケモンGO(笑)、バスケ(社会人チームで週2~3回ほどプレー)

新倉工業株式会社
本社:〒264-0047 静岡県御殿場市神場2314-6