「永遠に生きる」強い企業を創る。全ては社員が幸せに働いてほしいからだ。
「永遠に生きる」強い企業を創る。
全ては社員が幸せに働いてほしいからだ。
人は重要な「財産」との考えの元、下記のような人財を求め、かつ育てている。

1.失敗するかもしれないが、やらないで後悔するよりはまし

人生は長くはない。君たちが今思っているよりあっという間だ。
失敗を恐れて何もしないで過ごすなんてもったいない、そう思わないか?
もちろん人間誰しも、初めてやることは不安だ。それは皆同じだろう。
違いは、そこからさらに行動に進めるかどうかだ。行動することでしか、その不安は解消されない。
今の自分を一歩一歩乗り越え、より新しい自分へと成長していこう。
そして、君の成長はイコール会社の成長となる。

2. 自分がリーダーだと思えるようになること

リーダーシップを備えた人財になってほしい。
こんな事を言うと、「自分にはリーダーシップはないから・・・」などと思う人がいるかもしれない。
でも、実はそんな風に思う必要はまったくない。
なぜなら、真の「リーダーシップ」とは、自分の気持ち次第で「誰もが」身につけ、発揮できる、「後天的」なものだからだ。
リーダーシップは、「仕事」と同じで、日々学習しながら、訓練し、経験を積む事で獲得できるものなのだ。
難しく考えなくても良い。「より良くなるために、目的を達成するために、何をすべきか?」を考えて行動すれば良いのだ。
意外とシンプルだろう?
とは言っても、そんなにシンプルにいかない場面もあるかもしれない。
そんな時は、社内のメンバーに相談するといい。
皆、その様な場面を経験した事のあるメンバーだから。
一人で考えているだけの時より、もっと良い世界が広がっていくだろう。


3.若いうちからNIIKURAを舞台に、グローバルに活動、活躍

「世界のNIIKURA」と呼ばれるほど、NIIKURA製品は世界中で使われている。
船舶用艤装品では、「世界基準」を作っている会社と言っても過言ではない。
だから、君たちが目指すのは日本一じゃない、「世界一」だ。
世界には様々な人がいる。視野を広く持ってほしい。
そしてNIIKURAに入ったら、「世界中の物流やインフラを支えているんだ。」という誇りを持ってほしい。
誇りを持って働けること、これは仕事をする上でとても幸福な事だと思う。

若い力が、今この瞬間もNIIKURAの舞台で活躍している。さあ、次は君の出番だ。

勝浦

採用専任担当 勝浦 輝彦 プロフィール:
東洋大学 法学部 経営法学科卒
千葉県出身
趣味・休日の過ごし方: 釣り(御殿場には管理釣り場がたくさんある)
座右の銘: 七転八起