キーワード1:JIS規格
1.NIIKURA製品を元にJIS規格がつくられている。
1.NIIKURA製品を元にJIS規格がつくられている。
波止弁

業界のスタンダード

技術者にとって、最新の技術を追い求め、つくり上げたものが業界のスタンダードとなることは、
大きな喜びなのではないだろうか。
その全てがオリジナル製品ならば、なおさらだろう。
それが、NIIKURAのものづくりだ。

例えば「波止弁」。海の航行には、時には荒波の時もある。
「波止弁」は、船の排水管に取り付けられ、船外から激しい波が打ち込んだ時に 逆止機構で海水の浸入を防ぐものだ。
これがJIS規格に採用され、他メーカーはこの規格に則って製造しているわけだ。

波止弁
キーワード2:革新
2.時代に合わせたものづくりで革新し続ける。
2.時代に合わせたものづくりで革新し続ける。
フレームアレスタ

業界の風雲児。

時代が変われば製品も変わる。
最近では、燃料電池や水素水など、様々な分野で「水素」が注目を浴びているのはご存知だろうか?
水素は分子量が小さいため漏れやすく、また着火性が高いため爆発炎上の危険が伴う。
そこで役立つのがNIIKURAの高度な技術。
NIIKURAでは水素ガスを扱う化学工場用の新製品「フレームアレスター」を開発。
これは、タンク周辺で落雷や火災が発生した場合、タンク内に引火させないための安全装置だ。

これまで、創業者をはじめとして多くの技術者が技術革新を重ね
汗と涙と油にまみれて、世界に誇れる卓越した技術を積み重ねてきた。
技術の蓄積を最新技術の開発に活かし、常に進歩を続けている、
ここがNIIKURAが「永遠に生きる」強い企業である最大の理由だろう。

フレームアレスタ
キーワード3:システム
3.システムも合わせた総合技術力
3.システムも合わせた総合技術力。

業界のプラットフォーム

「他社製品より使いやすいよ」
これは、システムで納品した舶用製品についての、お客様からのご感想だ。
非常時に弁を閉じる装置に操作盤をつけ、システムで配備していただいた。
NIIKURAでは「安全で高品質」は当たり前。そこに「便利で使いやすい」が加わった。

舶用製品に限らず、陸上製品も、配管システムなどを含めたトータルシステムで
「NIIKURAに頼めば何でも揃う」、業界のプラットフォームづくりを進めている。


新倉工業株式会社
本社:〒264-0047 静岡県御殿場市神場2314-6